裁判所からの支払督促について

裁判所からの支払督促にご注意ください!

簡易裁判所から『支払督促』が届いたら、すぐにご相談ください!

簡易裁判所から支払督促が届いたら
「何やら一大事になりそうだから、早く裁判所もしくは相手方(債権回収会社などの債権者)に連絡しなければ…」
という気持ちになりますが、安易に電話をしないで、借金問題解決に強い専門家に相談することを強くお勧めいたします!

借金には時効があるという話は、別のページでお話しておりますが、自分で解決しようと相手方に電話をして話しているうちに、電話をした本人(あなた)にそのつもりはなくとも会話の流れから「債務承認」をしてしまい、後に「消滅時効の援用(=借金が時効で0円になる)」ができなくなった…というケースも残念ながらよくあります。
万が一、電話をしてしまった場合も、会話の内容を専門家に伝えて意見を聞いてみてはいかがでしょう。

無料でお電話やフォームから
借金問題についてご相談いただけます。

支払督促が来て困っている方、債権回収会社等に電話する前にご相談ください。
無料相談で一度ご相談してみませんか?

簡易裁判所からの「支払督促」とは?

少し前から、司法書士則武事務所の無料相談に
「簡易裁判所から『支払督促』なるものが届いたのだがどうしたら良いのか」
というご相談をよく受けるようになってきました。

今までは、債権者(消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者)から来ていた督促状が、突然「裁判所からの支払督促」に変わると、びっくりしてしまいますよね。
この「支払督促」と言うものは、裁判所を通じた請求なのですが、
「支払督促」を受け取ってしまったら、もうどうしようもないと諦めてしまう方もいらっしゃれば、届いた郵便物に重要性を感じない方もおられるようです。

名古屋簡易裁判所、大阪簡易裁判所、東京簡易裁判所など
様々な簡易裁判所から送達されてくるこの「支払督促」。
一体どういった郵便物なのでしょうか?

「支払督促」とは

「支払督促」とは、金銭、有価証券、その他の代替物の給付に係る請求について、債権者の申立てにより、その主張から請求に理由があると認められる場合に、支払督促を発する手続であり、債務者が支払督促を受け取ってから2週間以内に異議の申立てをしなければ、裁判所は、債権者の申立てにより、支払督促に仮執行宣言を付さなければならず、債権者はこれに基づいて強制執行の申立てをすることができます。

裁判所|支払督促

ちょっと難しいので簡単にご説明いたしますと、
「支払督促」とは、債権者(消費者金融などお金を貸した人)が、簡易裁判所(の裁判所書記官)に申立てを行うことにより、債務者(借りた本人)に対して金銭の支払いを命じる制度のことです。
「支払督促」の確定を避けるためには、支払督促を受け取ってから2週間以内に督促異議の申立てをする必要があります。

「支払督促」を受け取ったらどうすればよいか

重ねて申し上げますが、やはり安易にご自身で電話をしないで、借金問題解決に強い専門家に相談することを強くお勧めいたします!

もちろん司法書士則武事務所でも、借金無料相談を行っております。
メールフォーム・お電話でお問い合わせを受け付けておりますが、お急ぎの場合は0120-960-492まで直接お電話ください。
また、借金問題解決に強い専門家に相談する以外に、「支払督促」を受け取ったらするべきことを簡単にまとめましたのでご参考にしてみてください。

「支払督促」を配達員から受け取った場合、放置はせず内容を確認しましょう。

  • 「よくわからないから」
  • 「どうせ早く返せってことでしょ」
  • 「架空請求や詐欺のたぐいかしら」

と、ないがしろにせず、一度中身を確認いたしましょう。

そこには、あなた(債務者)が、誰から(債権回収会社などの債権者)、どのくらいのお金を支払え、と言われているかがわかります。

お好み焼き司法書士さかぐちのワンポイント

Q.債権者(請求者)が聞き覚えの無い業者名だったので、架空請求か詐欺でしょうか?
A. 支払いが長期で行われていない借金の多くは、元々の借入先が債権回収業者に「債権譲渡」していることがよくあります。
つまり、最初に借りた業者とは違う名称の業者から請求を受けることはありえますし、架空請求や詐欺ではないことも多いです。
放置をしたり、自分で電話をしたりせず、まずは専門家に相談することをお勧めします。
(※万が一、架空請求や詐欺の場合でも、裁判所からの書面が届いていたら専門家に相談することをお勧めします。)

間違っていても大丈夫です。不明な点や不安を感じるようであれば、無料相談におこしください

支払督促に限らずですが、借金問題は不明な点や不安に感じる点が多いです。
そして内容も複雑で、普段馴染みのないものも多くあります。
ですので、例え、間違っていても大丈夫です。
まずはご相談だけでも大丈夫です。
借金問題解決に強い司法書士則武事務所の無料相談へ来てみませんか?

裁判所からの支払督促についてまとめ

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?
裁判所からの支払督促が来てしまったという方、重ねて申し上げます。
ご自身でお電話をしたり行動する前に、借金問題に強い専門家に相談してください。
時効で借金が0円になる可能性もありますし、その他皆さんに有利になる条件を考えることもできます。

フリーダイヤルは0120-960-492で受け付けております。
お問い合わせフォームからは24時間受け付け中です。